音楽で食べていくなら武蔵野音楽大学に先ずは入学!

次世代の人材を作る

塔

エンターテイメントを学ぶ

近年ではゲームやアニメについて学べる高校が増えている。実習中心のカリキュラムで10代で専門の業界に就職したりデビューすることを目指す。目標が決まっているなら、早い段階から知識や経験を積むことが大事だろう。特に専門的な知識を必要とする職業なら尚更だ。近年はIT系の技術が発展してきているという背景もあり、ゲームのサウンドやグラフィックも数年前と比べて大きく向上している。つい最近ではVRが搭載されたゲームも登場するなど、ゲーム業界は今後、更なる革新が期待できる分野だ。人工知能が発達して人の仕事量が減ってきた時、エンターテイメント業界の需要はますます高まるだろう。こうした実用的なスキルを学べる高校は目標が定まっている人間にとっては有益だ。

どんなことを教わるのか

こうした高校ではプログラマーやグラフィッカーなど、業界の第一線で活躍する人々が講師として雇われており、生徒は実践的なスキルを学べるそうだ。少人数体制なので生徒の一人ひとりにフォローが行き渡るという。また、こうした高校では専門の業界と関係が強く、インターンシップや就職セミナーも充実していることが特徴だ。在籍中から業界との接点が多いため就職のチャンスも多数あることは間違いない。通常の高校に比べて、専門的な分野で活躍できる人材を養成すると期待されているのだろう。そして、大きなメリットとして人間関係が構築できることが挙げられる。同じ方向を志す仲間との時間や関わりは後の人生で大きく生きてくることだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加